脂質異常症の治療はあらゆる面から行う

脂質異常症は、医薬品だけ治療できるものではありません。医薬品はあくまでもサポートであり、適度な運動と食事療法が求められます。
・適切な運動
心臓が跳ね上がるような、激しい運動は必要ありません。効果的なのは有酸素運動で、ジョギングやサイクリングはもちろん散歩程度のペースでも問題ありません。時間にして一回30分程度、週2〜3の実践が目安とされます。
・食事療法
中性脂肪が高い場合は、飲酒や炭水化物の過剰摂取が厳禁となります。栄養バランスを考え、様々な食材から必要な栄養素を摂取しましょう。
LDLが高い場合も、やはり食事療法が大切です。コレステロール摂取を出来る範囲で抑えましょう。
コレステロールを“上げる”もの/脂身の多い肉、チョコレート、卵黄、インスタント麺、スナック菓子、バターなど乳脂肪分ほか
コレステロールを“多く含む”もの/魚卵、卵(全卵)、イカ、タコ、エビ、レバー
コレステロールを“下げる”もの/納豆や豆腐をはじめとする大豆製品、オリーブオイル、野菜、果物、海藻類ほか
生活の中で食事療法・制限は難しい場合には、脂肪吸収を抑制する医薬品ゼニカル、アリー、オベリットなどオルリスタットの使用をおすすめします。